メディカルキットの5疾病就業不能特約【口コミなんてウソばかり】

スポンサードリンク

メディカルKit(キット)の5疾病就業不能特約

<管理人から一言>

 

他社にはない保障内容なので保障重視の場合は選択肢に入れても良いと思います。

 

就業不能=「仕事が出来なくなってしまった場合」に備えられる特約で、特に自営業や経営者など「仕事ができなくなると収入が減るのが心配」という人に人気があります。

 

*5疾病就業不能特約は加入時に付けたり外したりと選ぶことが出来ます。

 

*加入後に外すことは出来ますが、加入後に付けることは出来ません。

 

↓画像をクリックすると公式HPに移ります。
5疾病就業不能特約の説明

 

 

対象となる5疾病

●がん(悪性新生物)
上皮内新生物(*)は対象外

 

●急性心筋梗塞
*急性心筋梗塞が対象ですので「狭心症」「心不全」は対象外です。

 

●脳卒中
*脳卒中が対象ですので「脳動脈の閉塞・狭窄」などは対象外です。

 

●肝硬変

 

●慢性腎不全

 

 

給付の条件(1回目)

●5大疾病で入院したら

 

「入院したら」なので診断されただけでは対象外です。

 

●5大疾病が原因で30日以上就業不能状態が続いたと診断されたら

 

正確には医師から「就業不能の状態が(=仕事が出来ないような状態)が30日以上続くでしょう」という診断書があればということです。

 

「30日以上、仕事が出来ない状態ってハードルが高いのでは??」と思うかもしれません。

 

ただ思っている以上に「30日の就業不能」の診断書を医師は書いてくれるようです。なぜなら就業不能期間を短く診断してそれ以上になったら医師の責任が問われますが、就業不能期間を長く診断して実際は短くて済んだのならあまり問題ないからです。とは言ってもケースバイケースなので絶対書いてもらえるという訳ではありませんが。

 

 

給付の条件(2回目以降)

●30日以上就業不能状態がさらに続いたと診断されたら

 

就業不能状態が続く限り毎年100万円がもらえます。その条件として1年経った時点でも就業不能状態が30日以上続いていると診断される必要があります。

 

*↓↓画像をクリックすると公式HPに移ります。
5疾病就業不能特約の説明

 

就業不能で自宅で療養している場合も認められます。

 

 

保障金額の設定範囲

●100万円のみ

 

 

保険期間

●10年のみ

 

*↓↓画像をクリックすると公式HPに移ります。
5疾病就業不能特約の説明

 

 

デメリット

保険期間が10年なので5疾病就業不能特約の掛け金だけ10年ごとに掛金が上がります。また就業不能のため現役のうちだけなので65歳で保障は終了です。

 

<管理人からの一言>

 

名前の通り「就業不能」=仕事が出来なくなってしまった場合に備えたいと言う人にはお勧めの特約です。

 

他社の三大疾病一時金特約などは「60日以上の労働を制限する状態」などの条件がありますが、この5疾病就業不能特約は「入院を開始したら」と分かりやすいので、特に自営業のように「仕事が出来なくなると収入が減ってしまうのが心配」と言う人には良いでしょう。

 

ただし、その分、掛け金が高めなので保障内容と掛け金を比較してメリットがあると思ったらこの医療保険を選んでも良いでしょう。

基本保障

メディカルキットのその他特約



>>医療保険が詳しいFPに相談はこちら

東京・埼玉・神奈川・千葉 限定↓↓
<スポンサードリンク>

 
トップ 医療保険の選び方 保険会社別 特約 掛け金の比較 お問合せ