医療保険・60歳払いと終身払い【口コミなんてウソばかり!】

スポンサードリンク

医療保険・60歳払いと終身払い

 

医療保険の60歳払いと終身払いであれば

 

終身払いの方がおすすめです。


ここ最近の医療保険はほとんど終身保障タイプです。

 

終身保障とは読んで字の如く
契約を続けている限り一生涯、保障が続きます
と言う意味です。

 

当サイトで紹介している医療保険も
全て終身保障タイプの医療保険です。

 

そしてこの終身医療保険を設計する上で
どこの保険会社でも決めなければいけないことがあります。

 

それは払込期間です。

 

払込期間には2種類あって

有期払い(60歳払い、65歳払い、10年払い など)

 

終身払い

医療保険を検討する上で意外と大事なところです。

 

例えば60歳払いの有期払いと終身払いで比較してみます。

 

具体的に掛け金を見た方が分かりやすいので
下の表を見て下さい。

 

☆オリックス生命の医療保険
 新CURE<三大疾病無制限プラン>

 

<設定条件>
男性
日額5,000円、先進医療特約
特定疾病保険免除特則なし
月払保険料

年齢

60歳払い

65歳払い

終身払い

30歳

2,276円

2,022円

1,582円

35歳

2,866円

2,492円

1,842円

40歳

3,832円

3,171円

2,187円

45歳

5,424円

4,204円

2,622円

50歳

8,671円

5,902円

3,172円

55歳

17,869円

9,202円

3,852円

60歳

***

18,779円

4,677円

60歳払い、終身払い、おすすめは?

上の表を見ると当然60歳払いの方が
65歳払いより掛け金が当然高くなりますし、

 

65歳払いは終身払いより
当然掛け金が高くなります。

 

要するに掛け金を払う期間が長ければ長いほど
掛け金が安くなります。

 

ただその代わり60歳払いにしておくと
60歳以降の支払いがなくなります。

 

平均寿命80歳までにいくら払うのか計算すると

 

<60歳払い>

 

30歳男性・・・月払い保険料2,276円

 

   2,276円 × 12ヶ月 × 30年(60歳までの30年間)

 

   = 819,360円(約82万円)

 

<終身払い>

 

30歳男性・・・月払い保険料1,582円

 

   1,582円 × 12ヶ月 × 50年(80歳まで5の30年間)

 

   = 949,200円(約95万円)

 

なので若い方だと
「60歳払いの方がいいんじゃないかな」
と思われるかもしれません。

 

ただおすすめは終身払いです。

 

なぜかと言うと
30歳で入った医療保険を果たして80歳まで続ける??
という疑問があるからです。

 

医療保険は医療技術の進歩に伴い、どんどん新しくなっています。

 

現に最近では当たり前になってきた「先進医療特約」、
10年前にはありませんでした。

 

要するにいったん医療保険に加入してもその後、
新しい商品が出てきたら切り替える可能性があります。

 

と考えるとあえて高い60歳払いを選ぶ理由もありませんよね。

 

実際、40年も50年も前に入った医療保険を
今でも続けている人は多くはありません。

 

医療保険は将来のわからないものにお金をかけるもの、
どう転んでも良いように用意するのもポイントの1つです。

 

とは言っても医療保険に正解はないので
「どうしても60歳で支払いを終えたい!」
と言う方は60歳払い、
もしくは65歳払いなどを選んでも良いと思います。

 

あなたが仕組みをしっかり理解した上で選んだものが
正解ですから。

 

具体的にはFPに相談して
設計書の掛け金を見ながら検討するのが良いでしょう。

 

次へ「医療保険のランキングの注意点」



>>医療保険が詳しいFPに相談はこちら

東京・埼玉・神奈川・千葉 限定↓↓
<スポンサードリンク>

 
トップ 医療保険の選び方 保険会社別 特約 掛け金の比較 お問合せ