フェミニーヌ【口コミなんてウソばかり】

スポンサードリンク

フェミニーヌ

<公式HP↓↓> 

フェミニーヌ・ネオのホームページ

<パンフレット↓↓>

フェミニーヌ・ネオのパンフレット

 

<管理人から一言>

 

・基本的にはおすすめできない。

 

・保険期間が15年なので15年ごとに掛け金が上がってしまう。詳細は下記の「保険期間」を参照。

 

・生存給付金がもらえても、将来的に掛け金が上がるとトータルで計算すると割高になってしまう。

保険期間

↓パンフレットのP4。
フェミニーヌの保険期間

 

フェミニーヌは生存給付金があるので3年ごとに「お祝い金」がもらえるメリットがあります。ただ、保険期間が15年なので15年ごとに掛け金が上がってしまうというデメリットがあります。

 

具体例で説明します。

 

例)
・30歳

 

・日額10,000円

 

月払いの掛け金:7,317円

 

日額10,000円のコースですと生存給付金が3年ごとに15万円もらえます。と言うことは15年の間に5回もらえます。その合計は・・・

 

15万円 × 5回 = 75万円

 

満期までに合計75万円もらえます。

 

ただし、15年おきに掛け金が上がるので・・・

 

45歳 ⇒ 月払い掛け金:7,812円

 

60歳 ⇒ 月払い掛け金:11,572円

 

となってしまいます。ちなみに80歳以降は更新が出来ません。

 

であれば新・健康のお守りのような終身タイプの医療保険に入っていた方がトータルの支払いはかなり安くなります。終身タイプは加入した時の掛け金が一生涯変わらないので。

 

例)新・健康のお守り

 

・30歳

 

・保険期間・払込期間:終身
*「生きてる限りの支払いだけど、保障も一生涯続く」と言う意味。

 

・日額10,000円

 

・女性疾病日額5,000円

 

・先進医療つき

 

月払いの掛け金:3,472円

 

上記の新・健康のお守りの例では全て掛捨てです。ただ、計算すると約50万円近くフェミニーヌの方が割高です。

 

「お祝い金がもらえるから」と言ってもトータルの掛け捨て部分が多くなってしまっては意味がなくなってしまいます。

基本保障

*主契約なので付けたり外したりと選ぶことは出来ません。

 

↓パンフレットのP3・P4。
フェミニーヌのパンフレット

 

生存給付金

3年ごとにお祝い金がもらえます。入院や手術で給付金を受けたどうかは問いません。
●日額の15倍

 

・日額5,000円 ⇒ 3年ごとに7.5万円

 

・日額7,000円 ⇒ 3年ごとに10.5万円

 

・日額10,000円 ⇒ 3年ごとに15万円

 

 

入院日額

●日額5,000円・7,000円・10,000円のどれか

 

 

女性疾病

女性疾病に該当する入院の時に下記の通り日額が増額されます。

 

●入院日額5,000円の場合
+女性疾病日額5,000円 = 日額10,000円

 

●入院日額7,000円の場合
+女性疾病日額3,000円 = 日額10,000円

 

●入院日額10,000円の場合
+女性疾病日額5,000円 = 日額15,000円

 

 

手術給付金の倍率

●入院中 ⇒ 入院日額の40倍・20倍・10倍・5倍のどれれか

 

・日額5,000円 ⇒ 20万円・10万円・5万円・2.5万円のどれか

 

・日額7,000円 ⇒ 28万円・14万円・7万円・3.5万円のどれか

 

・日額10,000円 ⇒ 40万円・20万円・10万円・5万円のどれか

 

*40倍・20倍・10倍・5倍のどれに該当するかは下記のパンフレットを参照して下さい。

 

↓パンフレットのP6。
フェミニーヌの手術給付金の倍率

 

死亡

●日額の100倍

 

・日額5,000円 ⇒ 50万円

 

・日額7,000円 ⇒ 70万円

 

・日額10,000円 ⇒ 100万円

 

 

先進医療

新・健康のお守りと同じです。

 

>>新・健康のお守り

 

 

日型

●180日型のみ

 

参考>>60日型・120日型

 

 

手術給付金の対象

●公的健康保険連動型(=約1,000種類)

 

参考>>手術給付金の対象手術



>>医療保険が詳しいFPに相談はこちら

東京・埼玉・神奈川・千葉 限定↓↓
<スポンサードリンク>

 
トップ 医療保険の選び方 保険会社別 特約 掛け金の比較 お問合せ