医療保険は必要?不要?【口コミなんてウソばかり!】

スポンサードリンク

医療保険は必要?不要?

医療保険の選び方を考える前に
「そもそも医療保険って必要なのか?」
ということを考えなければなりません。

 

いろいろな意見があると思いますが、

 

「入院なんてするか分からないし、必要ない!」

 

「何かあった時のお守りだから必要だと思う」

 

どちらが正解かと言うと

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

どちらも正解です!

医療保険が必要かどうかは「あなた」が決めること

そもそも医療保険には正解がありません。

 

もし仮にあなたが
「お前は1週間後に車にぶつかって入院する!」
と神様からお告げがあったらどうします?

 

今すぐ医療保険を何件も加入しますよね。

 

でも
「お前は死ぬまで入院することはない!」
と神様からお告げがあったらどうです?

 

一切、医療保険なんて入りませんよね。

 

医療保険は『あなた』が

 

・必要と思ったら入る、
・必要ないと思ったら入らない、

 

ただそれだけです。

 

『あなた』が判断したことが正解なのです。

 

一番良くないのは他人があなたに

 

「医療保険は必要!」

 

「医療保険は必要ない!」

 

と言い切ってしまうことが大きな誤りなのです。

 

親に言われても同じです。

 

いくら親子関係と言っても治療費を
負担してくる訳ではないですからね。

『医療保険なんていりません!』(萩原博子著)

以前、医療保険なんていりません!(萩原博子著)
という本が出版され、一時話題になりました。

 

要するに
「健康保険に高額療養費があるから貯金で賄える」
と言う趣旨の本です。

 

もしそれを信じて医療保険を解約してしまった後に
入院してしまい、個室代で月に何十万も病院から
請求されたらどう責任を取るのか?
と思わず言いたくなってしまいます。

 

しかも萩原さんのような発言力のある方が
そんなことを言うのは無責任です。

 

そもそも萩原さんは経済評論家であって
保険のプロではありません。

 

「保険に入っていて良かったです!」
何て生の声を聞いたことがないはずです。

 

参考にするのは構いませんが、
他人に惑わされずあなたがしっかり判断しましょう。

実際に医療保険が必要か考えてみよう

勘違いしないで下さいね。

 

私は医療保険が絶対必要と言っているのではないのです。

 

あくまでも医療保険が必要かどうかは
『あなた』が決めることなのです。

 

私のようなFPにできることは

 

「〜こういう考えなら医療保険に入った方が良いですね、

 

〜こういう考えなら医療保険いらないですね、

 

どちらを選びます??」

 

と選択肢を伝えることだけです。

掛け金との比較

医療保険を検討するには
設計書の掛け金を元に検討します。

 

「その位の掛け金なら入っておいてもいいかな」

 

「そんなに掛け金がするなら入らなくてもいいよ」

 

と判断すれば良いだけのです。

 

だって
「月10円の掛け金で入院費用全部出ますよ」
って保険があったら、そりゃ入りますよね。

 

でも当然そんな安い保険はないですが(笑)

 

具体的なプランの掛け金を見た上で
判断するのが現実的でしょう。

 

その上で
医療保険入らなくてもいいと『あなた』が決めたなら
それはそれで良いと思います。

 

ただその代わり、掛け金分くらいは
ちゃんと貯金をすれば良いのです。

 

保険も入らない、貯金もしないでは
単なるいい加減になってしまいますからね。

 

まずは『あなた』にとって医療保険が必要かどうか
考えてみましょう。

管理人から一言

他人の意見は参考程度にして
あなたが必要と思ったら医療保険に加入すれば良いのです。

 

「医療保険の特約の選び方」



>>医療保険が詳しいFPに相談はこちら

東京・埼玉・神奈川・千葉 限定↓↓
<スポンサードリンク>

 
トップ 医療保険の選び方 保険会社別 特約 掛け金の比較 お問合せ